江ノ島の「テイスト オブ リビングルーム」でランチコース

モノレール駅の近くにあるカジュアルフレンチ店。

目当てだった隣の和食屋が満席だったため、ま、こっちでもいいかなという入店でありました。

久方ぶりにやってきた真夏の江ノ島は、やっぱすんごい人出。
飲食店はクオリティにかかわらず、どこも大行列でありましたよ。

こちらは駅の裏っ側ということで比較的、落ち着いているようですね。
ランチのメインタイムでしたが、お客はパラパラといった状況。

なんか、変な名前ですが、店内もサイケでガチャガチャして、巷のビストロとはちょい異なる環境です。
兄貴が一人で切り盛りして大変だぁと思っていたら、商店街に2号カフェを出してたり、意外と侮れない様子よ。

ランチはメインを肉魚の他、丼や生パスタから選べるもの。
メイン×2のたっぷりコースもありました。 

まずは前菜盛り。

地産地消のお店ということで、湘南産の素材をふんだんに取り入れているらしいです。


 
豚バラのコンフィは角切り大根を散らしたマスタードソース。

白いゴーヤやツルムラサキなど、いろいろ添えられた野菜も楽しいです。

サワラはほのかに照り焼きっぽい風味。
モロヘイヤをペーストにした酸っぱいソースです。

お料理はボリュームたっぷりでデブでも不足は感じませんな。
 

 
別注のデザート盛りです。

お料理にはほんのり砕けた部分も見えて、お店の立ち位置もかっちりしていません。
でも、逆にそれが遊びとなって、面白く動ける面もあるのかもしれませんね。

観光地にしてはお値段も手頃だし、悪くはないです。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
レクタン大
レクタン大