江ノ島の「玉屋」で江の島羊羹

駅前の商店街にある羊羹店。

明治45年の江ノ電開通とともに開業した老舗らしいですよ。

2016-08-23_2229

大きなマンションが出来たり、お店の入れ替わりがあったりして、商店街の風景もだいぶ近代化してきたなと感じます。そんな中で、こちらのドーンとした構えはかつての観光地の姿を偲ばせる貴重な存在ですね。

イメージとしては常に薄暗くて、工房もいつ動いているんだか分からん風ではあるのですが、往年のオーラはまだわずかに残っているような気もします。

dscf3796_r

でもね、私は大昔に食べたきりなんですね。

だって、名物の羊羹には青のりが入っているんだもの!

和菓子界ではやりがち。
おはぎ、麩まんじゅう、求肥に羊羹。
彩りなのか、海の香を求めてなのか、余計な雅を振りかけることがありますな。

酢豚にパイナップル問題の一種と考えていただければよいのですが、個人的には磯臭さのある海苔はしょっぱ系のイメージが刷り込まれており、甘いお菓子の中では違和感を隠せないのですよ。

ちなみにこの江の島羊羹は、のり羊羹に塩味が加わったもので、より一層にのり塩感が想起されます。

羊羹は容赦なく甘いです。豆というより蜜のお味。
ただ、お値段は手頃で買いやすいです。

スポンサーリンク
レクタン大