箱根湯本の「さがみや」でナッツヴェセル

駅前にある木の実菓子のお店。

今回はじめて寄ったのよ。

箱根の山の中にある、
山の素材を使ったお菓子屋さん。

コンセプトとしてはバッチリだと思いますよ。

たとえ川崎北部市場の菓子卸がやってるとしても!
秦野のピーナツだったとしても!

雑誌で見て、かなり期待して立ち寄ったのですが、
店内の様子や、お菓子の姿等、ちょい野暮ったい感じだったので、
最小限の味見品だけつまんで退散しました。

ナッツヴェセルは、ナッツがたっぷり入ったトフィー。
底にクッキーの生地が入って形を整えてます。

適宜砕いて食べるんだろうけど、
囓る食感は硬ぇと思うほんの手前で、
歯弱には勇気がいるお菓子かもしれないね。

サイズは各種あり、これは一番小さな小分けサイズ。
それでも一人で食い切るには多いな。

確かにたっぷりな食べごたえも魅力だけど、
もう少し薄く品よくしてもいいんじゃないかと思います。

お味自体はイケるのですが、持ち味が生かされているというより、
木の実自体がおいしいというか、構成材料の強さの積み重ねで、
お菓子の出来としては決して洗練されてません。

ブラウニーはナッツ要素が目立ちませんが、
サックリズッシリと焼けています。

薄焼きの箱根チュイールは
アーモンドではなく、落花生が乗っています。
持ち帰るとバッキバキに割れますので、お土産向きではないかな。

なんかちょっと惜しい感じ。

主に美学やセンスのあたりが、
もう一皮剥けるといいんだろうなという気がします。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大