鎌倉の「茶織庵」で茶織そば

雪ノ下のお蕎麦屋さん。

ご主人は「一茶庵」の学校を出た人みたいだよ。

昨今の鎌倉は観光客もバカ多く、
お昼時の主要な飲食店は軒並み行列してるよね。

こちらは八幡宮からも近い立地なんだけど、
人の流れとは外れているので、比較的空いてる感じ。

隣に古道具屋さんもあり、いかにもそれっぽい構えだよね。
中はこじんまりとして、数寄屋風に設えてあるわ。

でも、BGMはジャズ、ご主人は蝶ネクタイ。
完全に趣味をこじらせた系のお店であることが伺えます。

メニューは蕎麦のみに絞られており、
この日は特に冷やしメニューの提供しかありませんでした。

値は意識高い水準。

一人で調理してるので、それなりに待ちますね。

店名を冠した茶織そばはとりどりの具を乗せたぶっかけそば。

段葛のそれより、エビが乗っている分、豪華で高いという!

トッピングとして揚げた蕎麦の実が面白いなと思いました。
繊細な蕎麦の香を容易く上書きしてしまう邪道かもしれませんが、
逆に安い奴に散らせば、リッチなドーピングが可能じゃん!

すだちそばもぶっかけです。

汁が少ないからでしょうね。
すだちの輪で一面を覆う代わりに、
半分を残して、果汁を絞るようにしています。

後口さっぱりいただけますよ。

なお猪口にはそば湯用として、
予め若干の汁が仕込まれて添えられます。

やっぱ、せいろでいただくのが一番いいかもね。
お蕎麦は歯ごたえやのどごし良く、ちゃんとおいしいものです。

この際、高いついでに、
天ぷらを付けてしまうのが正解です。

カラリと揚がり、ネタも豊富で、満足度もはまずまず。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大