鎌倉の「日進堂」でくるみパン

大町にある昭和なパン屋さん。

立ち寄るのは超久しぶりだな。

それっぽい隠れ家店も増えてきた大町ですが、
元々はあまり観光客がやってこない生活区域ですよね。

こちらも良く露出するようになりましたが
基本的には地元民相手の商売かと思いますよ。
いかにも学校の購買とかで売ってそうな感じじゃん。

お店は厨房の表に販売棚を並べましたって体裁で、
たくさんの昭和パンがざっけなく並んでいます。

この手のお店は作り手の高齢化にともない、
しだいに枯れて先細っていくのが常なのですが、
いやいや、この物量を見るとまだまだ現役バリバリな商いですよ。
お客さんもチョイチョイやってきてますし。

おじいちゃんの計算をハラハラしながら見守っちゃうような感じですけどね!

カレーパンが人気商品なんだろうな。
カウンターにケースがボカンと置かれて、数が出て行きそうです。
辛口甘口とあり、どちらも食べごたえがありますね。

あとはシベリアがあったり、クリームパンやあんぱんがそれっぽかったり、
一口サイズの甘食はポソポソではなくパフって感じ。

そして、くるみ食パンにはさりげなチェリーですよ!
この赤緑に心揺れちゃうのが昭和生まれの性なんだよな!

オサレな今風のパン屋さんも多くなった鎌倉ですが、
その対比として、こうした昔ながらのパン屋さんのキャラが、
改めて立ちあがってくるのだろうなと思います。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大