長谷の「たい焼き なみへい」でつぶしあん

鎌倉文学館入り口の交差点に出来た、たい焼き店。

昨今、各所でたい焼きが復興してるけど、
インディーズで、しかも一個焼きのとこはめずらしいよね!

ここまで来ると人通りも多くはないんだけど、
お客さんが集まってきていて、けっこう人気があるみたい。

爽やかなイケメンが一人でバタつきながら対応してたよ。
いい人そうなこの兄ちゃんがオーナーなのか。

お店ではたい焼き各種、かき氷、アイスを販売していたよ。
それぞれ、安易な既製路線ではなく、ちょっと手を加えた内容で面白いの。

テイクアウトや買い食いが基本みたいだけど、
レトロな品がやや雑多に配された店内でいただくこともできるみたい。

皮は薄く、カリッとした焼き上がりなんだけど、
バタついていたからなのか、あまり見栄えは良くないな。
風味もややクセが残るかも。

あんこは柔らかで灰色に近い。
しっかり甘くて、風味もよく、おいしいと思う。

黒いのは炭塩アイスだったかな?
パンチのある色味と、意表をつく塩味でなかなか面白い。
夏の季節にはさっぱりすると思う。

かき氷もおいしそうだし、
落ち着いてる時にまた寄ってみたいな。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大