鎌倉の「わっふる21」でカスタード

若宮大路のビルに入ってるワッフル専門店。

ここもガイドブックの常連だけど、
私は来るのも食うのも今回が初めてなんだよ。

観光ブーム再沸騰で景気が良さそうな鎌倉ですが、
こういう複合ビルのテナントはかつてのダサい頃から、
まだまだ新陳代謝が進んでいない様子ですね。

薄暗く静まった2階のどん詰まりにあるこのお店は、
声をかけると食品白衣&衛生帽姿のおばちゃんが対応してくれ、
スィーツ店というより、弁当屋か惣菜屋かという体裁です。

少なくとも周辺にピンクのハートは飛んでいない雰囲気です。

商品は各種クリームを挟んたワッフルのみ。
ちなみにこのスタイルって「新宿中村屋」発祥なんだってね。

イートインというわけではありませんが
手前にお店専用のイスがあって、その場で食ってくこともできますよ。

この特徴的なこんもりクリームがどんなものなのか?

気になっていた!!

食べた感じはね、カスタードクリームというより、
ゆるいスイートポテトを食ってるようなムットリ感なんだよね。

柔らかなワッフル皮は素朴味。
冷蔵でせいでちょいヘタった食感です。

おいしいかと聞かれると一瞬考えてしまいますが、
なんか独特の代物になっていて、面白いといえば面白い一品です。

お味は基本のシンプルで攻めるより、
個性強めのフレーバーで風味を加えた方がイイかもしれんよ。

レクタン大