茅ヶ崎 サザンビーチの「湘南祭 2010」

はじめてやってきました!サザンビーチで行われる湘南祭!
いやいや!かなり大きなイベントじゃん!
海岸に設営された会場には沢山の屋台が出ていますよ!

アクセスは近隣に駐車場がないので、
駅からシャトルバスを利用するのがいいでしょう。

ちなみにサザン通り沿いのお宅やお店では、
庭先フリマや手作りお菓子やらツマミやらの販売をしていたりするので、
駅からはちょい遠いけど、そぞろ歩くのもアリかもね。

会場ではオッサンたちがビーチサッカーをやっていたり、
オッサンたちがバンド演奏していたり、オッサンたちが、
いや、なんかオッサンばっか楽しんでるのが気になりますが・・・

マウンテンボード、スキムボード、パドルレース、
ダンスコンテスト、ミスコン、ビーサン飛ばし、地引網等、
湘南の軽薄な海遊び企画満載で楽しい雰囲気ですね。

車を封じられているため、客筋はほぼ近隣の住民て感じなのかな?
茅ヶ崎らしくチャリンコ率もかなり高いです。

開場してしばらくはお客さんもいなくて、もったいないなぁと思っていたのですが、
単にチガっ子たちの出足がロコに鈍かっただけ!
昼前にはかなりの人が集まってきて、大盛況!

屋台は近隣の飲食店のものが中心でその他、各種キッチンカーにテキヤなど。
定番からワールドフードまでジャンルも幅広く、この手のお祭りにしては価格もごく手頃な水準。

こりゃ、グルメイベントとしてもかなりヨサゲですよ!

まずは「テミヤン海菜食堂」の
海菜あんかけ焼きそばとたたみイワシ段々おむすび。

まぁ、何が目当てで湘南祭に来たかというと、このテミヤン(宮手健雄)屋台なんですよ!

ハマランチョでおなじみ!(でも、ハマランチョ自体おなじみではない!)
海辺のフォークシンガー兼海菜料理研究家、テミヤン。
ちなみに”海菜”というのは海辺で採れるものを指したテミヤンの造語な!

麺は中華麺をホットプレートで軽く焼き付けたもの。
かなり緩い庵なので汁そばみたいになってるのですが、
屋台食にしては丁寧に作ってありますね。
揚げ麺の方がクリスプだし扱い易かったかな?

お味はごくオーソドックスなのですが、
オカヒジキのシャックシャクな食感がとてもいい!
こりゃ、テミヤンとともにもっと注目されてもいい食材だな!

奥のおにぎりはタレ漬けのタタミイワシをサンドしたもの。
香ばしくて、これは直球でおいしいですわ。
うちでも真似しよ。

観光協会のブースでは地元素材で作った”茅産(ちさん)”のCバーガーを。

これは陸味って種類なのかな?
トマト果汁を練りこんだバンズにやまゆりポークのパテ。
地場のレタスとハワイ風グレービーソース。

お味的には町パン屋の惣菜パンて感じ。
トマトパンの食感や存在が強めなので、
淡白な豚とグレービーの薄い取り合わせが埋没気味?

話題的には食いつきやすいので、もう少し練りこんでほしいなぁ。

「こむぎや」のスリランカカレー。
こちらは個人参加のブースなのかしら?
あんまり売れてななくて、淋しげだったので素通り出来なんだ!

若干鶏臭が残るものの、スパイシーでそれっぽい仕上がり。
スリランカなのに、なぜかバルバリというイランのパンが付きました。
平たくてかなりしっかりとした食感。

「そば屋十大」のしらすおろし蕎麦。
「毎年すぐ品切れてしまう大人気メニューです!」
というお姉さんの掛け声につられてしまったぁ!

まず、しらすの所在を確認してしまう感じだよな・・・
しらすさん行方不明だろ!入れ忘れか?

蕎麦屋にしてはツユはかなり甘めで、
麺もグダったジャンク蕎麦だけど、まぁ安いから許せる!

「矢島ハム」のメンチカツパン。
豚メイン?白っぽくていかにも惣菜屋さんのメンチってお味。
でもね、この世界、揚げたてのフライに勝るもの無しなんだよ!

「山水」のラー油ドンブリ。
自家製ラー油”茅油”を名物にするって話で気になってたメニューよ!

ラー油であえたご飯に甘辛の豚バラが添えられてます。
なぜか底にもやしや青物が隠れてしまって、もったいない盛り付け。

名前とは裏腹に全体的に甘めの仕上がりで、豚丼風。
ラー油の風味もご飯でだいぶ拡散してしまっている印象よ。

十分おいしいんだけど、ラー油はたっぷり後がけにして、
もっと直に口に触れた方がいいような気もするな?

ラー油丼、上手く流行りに乗れればヒットしそうなんだけどな。

厚木で飲んで旨かった「サンクトガーレン」も来てた!

なんと湘南ゴールドがビールになってるのか!
インターナショナル・ビアコンペティションのフルーツビール部門で金賞だって!

おおう、風味は完全に湘南ゴールド!
爽やかで、こういう季節に海辺で飲むには最適のものだろ!
こりゃおいしいわ!!

最後になぜか地元民が群がっていた協賛くじを。
なんだかんだでつぎ込んでしまったのですが、惨憺たる結果に。
リターン率は低くて、まさに協賛の名に偽りなしだったわ!

こんな感じであっという間に満腹になってしまったんだけど、
まだまだ主要なラインすら回りきれてなくって、
さらにやや強気な別会場のアロハ食屋台の方も含めると
2日通っても、みっちり楽しめそうな感じだったよ!

楽しかったので、来年もぜひ来てみようと思ったわ!

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
レクタン大
レクタン大