武蔵小杉の「かどや」でトルコライス

西口にある中華屋さん。

あっという間にタワーが林立してしまった駅周辺。

ブックマークした頃はドベドベの下町風情だったこのお店も、
移転して、だいぶ今風に変わったようですね。

お店は小さいですが、
あったかい感じの家族経営で切り盛りされてます。

価格は若干コスギって改定されたのかな。
それでもお昼時は近隣の皆さんで混み合っていました。

お目当てはもちろんトルコライスです。

中華なのに洋食食うのかよ!と言われそうですが、
考えてみれば、昭和の時代は街の中華屋さんが、
カツやオムライスみたいな洋食の重要な担い手でもあったんだよね。

私もその中で育ってきた世代だし、
中華のゲテ味をまとった洋食はまた違った魅力があると思うの。

写真は期待感でもって若干寄りぎみですが、
ライスものとしては思ったよりも軽めで、
小奇麗にまとまって出てきます。

お味は良いですね!

特に揚げたてのカツが旨いのな。
具合の良いソースもかかって、これだけでも大満足です。

ケチャライスは玉ねぎ具のシンプルなもので、
突出はせず、ほのかな酸味や甘みでメインのカツを下支えする感じ。

カツにとってはご飯サンドしない方が好ましいですが、
このスタイルがアイコンにもなっているので、しょうがないか。

また、添えられたスープがちゃんとおいしくて残せませんよ。

麺類にも使われるものだと思いますが、
こういうところに中華店としての地力が出てくるな。

きっと中華も旨いんだろうと思います。
実際、周囲のリーマンはみんな中華食ってたしな。

決して名物メニューのハッタリだけではないお店だと思います。
私もまた来て食べたいな!

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大