川崎の「リンゴ」でアップルパイ

ウィング川崎にくっついているアップルパイ専門店。

やはり札幌「きのとや」の系列店です。

「ベイク」と同様にお菓子の種類を一つに絞って、目の前で焼き上げたものをどんどん売っていくシステム。

送られてくる半製品を仕上げるだけなので、技量もいりませんし、設備も簡易なので身軽に出退店もできそうだよね。

シュークリームやメロンパンなど、すでに類似の商売もありますが、こちらの系列は特に良くブランド化できてるなぁと感じます。

まだホワホワしていますね。

焼きたてのパイはシャクっと軽い歯ごたえ!
おそらくこれが一番の魅力なので、その場ですぐに食べたほうが良いかもしれません。

パイ生地はぷっくり膨らんで、バターのコクと風味が味わえます。
中に入った角切りのリンゴ煮はそれほどの強さはなく、むしろカスタードがトロッとまとめていますね。カスタードは一緒に焼かず、後から入れているのがポイントです。

なかなか、おいしいです。

ただ、タルトと比べると一個の価格は倍近いですし、食べでもやや重く、かつ帰宅までにシナっとしちゃうなら、どうかな。

現状、池袋とここの2店舗だけしかありませんが、タルトほどのヒットは期待できないのかな。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
レクタン大
レクタン大