川崎の「杉作」で牛たん定食

ミューザのレストラン街に入っているお店です。

川崎の食レポでよく見かけることがあったのですが、
ここって、インディーズのお店だったのか。

しかも仙台の「味太助」直伝なんだって。

ラゾーナのレストランが絶望的の混雑しているので、
こちらにそそくさ避難してきた次第です。

特に目を引くお店もないのですよ。
しかし、どちらにしてもイマイチならば、
列ばない方がなんぼかマシという判断ですな。

ただ、こちらは人気店らしく、
お店はそれほど大きくありませんが、
昼時をとっくに過ぎてもミチミチにお客さんが入っていましたね。

牛たん専科ということで、
メニューはおきまりの定食とそれをバラした単品のみです。

牛タン焼に白菜の浅漬と南蛮味噌ピリリ。
麦飯に、舌の端っこも入ったじんわりなテールスープ。
なんといってもこの定食構成が完璧すぎて、文句を言う余地がありません。

巷の牛タン専門店のクオリティにどれほどの差があるのか
ぶっちゃけると、よく分からんし、どこもそれなりに旨いし。

こちらも素直においしいです。

タンにはもう気持ち焦げ香が出ていれば最高ですが、
丁寧に切り込みが入って、食べやすいな。

なお、これは普通盛りですが、肉増しももちろん可能ですよ。
元々チョロリなので、全然イケちゃうと思いますよ。

TPPで豪や米の牛タンがもっと安くなると良いよね。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大