小田原の「栄町 松坂屋」でコケッコー

栄町一丁目の交差点にある和菓子屋さん。

今回、初めて寄りますよ。

大正5年創業、
小田原を代表するお菓子屋さんなんだそうで、
地場の技工を紹介する街角博物館の一つにも選ばれています。

お店は少々くたびれも見えていますが、
往時の隆盛を偲ばせる立派な構え。

お菓子は茶道用の上生菓子から地場の梅菓子、
洋を感じるようなものまでけっこう幅広く作っているんだね。

看板は県指定銘菓でもある、コケッコー。
見た目は本当に卵みたいですよね。

黄身餡をマシュマロで包んだお菓子で、
某鶴乃子みたいなもんだと思って下さい。

ちなみに鶴乃子といえば、
鶏卵素麺で余った白味をなんとかする工夫で生まれたらしく、なるほどですな。

餡は玉子の甘い香り。
シュクっとしたメレンゲが口溶けるのと歩調をあわせて、
すっと消えていくような上品な後口であります。

隣のパックは小田の梅の端っこ切り落とし。
こういうの見つけるとついつい買っちゃう貧乏根性だぜ。

梅ゼリーを求肥で巻いたもので、
見た目とくっつき防止に粒をまとってますが、
こっちは多少口に残りますか。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大