小田原の「相州鳥ぎん 本店」で鳥ぎんランチ

駅前にある釜飯&焼き鳥屋さん。

「鳥ぎん」というと、
その名の通り、銀座を本店とするグループですね。

暖簾分けなのかな?経緯は不明ですが、
神奈川県内には「むらせ」がやってる「葉山鳥ぎん」と、
小田原を中心とした「相州鳥ぎん」も存在しています。

商業の死にっぷりに対し、
飲食店の数は多い小田原駅前ですが、
夜のお店ばかりで、家族でお昼を食べるようなお店は、
なかなかピックアップしづらいんだよね。

「魚國」がもうちょっと頑張ってくれれば、アレなんですが・・・

さておき、こちらは小田原らしさは薄いものの、
それなりに落ち着いてお食事が出来るので何度か利用しています。

民芸調の店内は1Fがカウンターで2Fが座敷等。
やはり飲みメインなんでしょう。昼間はあんまり混んでません。

まずは名物鳥ぎん唐揚げ。

黒っぽい揚げ上がりですが
味噌床に漬けた鳥を揚げているんだそう。

しっかり下味がついており、
味噌の焦げる香ばしい風味もあって、
なかなかイケますね。

平日ランチは好みの釜飯にいくらか足す形で、
焼き鳥、サラダ、スープがつくセットになります。

釜飯炊いてる間は手持ち無沙汰なので、これらをつまんで待つのです。

なお、焼き鳥はごく普通です。

五目釜飯!

鶏そぼろを中心に蟹やエビなど具だくさん。
小ぶりのお茶碗に3、4回盛れる量でボリュームあります。

親子釜飯は甘塩の鮭とイクラ。

これはメチャ熱にならないよう調整してるんじゃないかな、
イクラは煮えてないし、量もケチってなくてうれしいな。

やはり、飯に味が染みる一番は、あさり釜飯でしょう!

季節のうなぎ釜飯なんつーのもありました。
これもうなぎがしっかり乗ってバカに出来ないです。

やや熟れすぎた感もありますが、
値段も比較的手頃ですし、手堅いお店だと思います。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大