横須賀中央の「ホビーハウス チャイ」でスコーン

上町商店街の一本裏手にできていたティールーム。

なんとも謎めくお店なのだ。

こ、ここなのか。

パッと見は普通の家だし、やっているのか、いないのかもよく分からん!

この日は扉も鍵が閉まっててさ。
ダメ元でピンポンしたら、二階の窓からひょこっと顔を出したのが兄貴。
てっきり、有閑マダムがご自宅を開放して始めたお店かと思ってたので、不意打ちだったわ。

靴を脱いで玄関を上がると、中は板張りで、カウンターと掘りごたつ風のテーブル。
元は和風の飲み屋だったのかな?ここでか?隠れ家すぎるよな。

さらにテーブルの上にはロボや謎の電子工作物が乗ってたり、お店の方向性がまるで見えねぇ!

とにかく、我々が紅茶専門店に抱く、洋風お上品なイメージとは食い違うのです。

メニューは試行錯誤中とのことでしたが、紅茶を中心に、自家製の焼き菓子が幾つかとドライカレーが軸になっていくみたいです。

ダージリンのセカンドフラッシュに自家製のスコーン。
オプションでクロテッドクリームを追加しました。

紅茶は兄貴がちょいちょい味見をしながら仕上げるので、それは見えないとこでやった方が良いかなぁと思ったのだけど、おいしく淹れてあります。

スコーンもサクッとした焼き上がりで、風味もあって良いですね。

ただ、フォークかぁ。
そしてこのポチョンとした容器かぁ。
ジャムとクリームが掬いづらく、塗りづらいっす。
あと山ほど塗っても、追加のクリームは余りますな。

立地を含め、入店に至るまでのハードルの高さ。
薄暗い隠れ家空間で謎めく兄貴とサシで対峙する緊張感。
ティールームとしてのツメの甘さみたいなものも見えて、なかなか難儀なお店だなぁと感じました。

面白いっちゃ面白いんだけどね。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大