秋葉原の「サンボ」で牛丼

裏道に佇む牛丼店。

ここの丼は間違いなく、
アキバに集うオレ達のソウルだよな!

なんてことを言いながら、超久々に寄りました。

アキバ自体、ロングタイム・ノービジットだったしな。

パソコンやゲーム熱も一段落してしまった今、
この街はいったい何で食ってるんだろうか?メイドなのか?

駅前から数メートルごとに各種メイドの客引きにぶち当たるのだが、
さすがに限度を超えてるんじゃないか!アキバよ!

ともあれ、サンボの牛丼がとっても食べたくなったんだよ!

この日は生憎の天気だったんだけど、
夕食にはまだ早い日暮れ時でも、お客さんは入っているね。

みんな、ムサくて、暗くて、モテなさそうで、
なんか、鏡を見ているみたいではないか!!
ああ、なんて落ち着く環境なんだ!

お店はすでに息子の世代に継承されているみたい。
接客のネーチャンが、うかつにさわり辛い雰囲気を継いでいるけどな!

なんと券売機が導入されてた!
戸惑って、セットメニュー的なもんを押してしまったぜ。

レンタル料に釣り合うのかは心配だけど、
写真付きで、お皿や牛皿の謎もわかりやすくなってるし、いいじゃん。

牛丼と味噌汁と生卵。

久々の牛丼はやっぱ旨いです!

ただ、昔と比べ、微妙におとなしくなったような気もするな。

もちろん、お料理としては正しい方向なんだろうけど、
野性味とか、ゲテ味とか、どうしようもない表情もまた魅力になりうる部分。

つーか、単にオヤジになった私が、
ノスタル幻想をふくらませてるだけかもしれんけど。

組成のしれない唐辛子や心もとない発色の紅生姜は健在。

ボリュームたっぷり!お腹いっぱい!

安いので、帰りに買っちゃうイケない円盤の予算も出来るし!

やっぱ、サンボはいいな!

レクタン大