東村山の「こせがわ」でざるうどん(大)、肉汁、天ぷら、糧

スポンサーリンク

駅からはちょっと歩くかな、
住宅地のど真ん中に佇むうどん屋さん。

世に聞く武蔵野うどんなるものを食べに寄りました。

ちょうど八国山の近くですし、トトロ体型の私としては里帰りにもなりますよね?

お店は農家のお庭に建て増ししたような簡易なもの。
テーブル2つにカウンター数席のコンパクトな作り。

メインタイムをズラしたつもりでしたが、
近くのオッチャンとか、ピチパツの自転車族とかで、
店内はほぼ満席の状態でしたね。

家族経営なんでしょう。気さくな対応であります。

メニューもごくシンプル。
ここは基本の肉汁うどんをいただきましょうね。

大盛りにしたうどんはかなりのボリューム!
ぶっとくて、荒ぶるルックスじゃん!

ツルツルでもクニクニでもふんわりでもなく、
あえて分類するならガシゴワ系の田舎うどんかな。

地粉の風味と力強いコシがウリってんだけど、
実際、それほどの歯ごたえはなく、爺さんでも楽に食える具合。

お店では茹で置きを出すのが多いということだけど、
これもそんな感じなのかもしれないわ。

ちなみに帰りに生麺買って、うちでも茹でてみたんけど、
激的には変わらないかな?茹で置きに強い麺でもありそうよ。

ヘラヘラの豚肉が浮かんだ甘めの汁は、
ちゃんとダシがとられていて、おいしい。
でも、ややパンチが弱い気もするんだよな。

天ぷらも揚げ置きが基本らしいけど、
ほの温かく、カリッとしたものが出てきたわ。
ただ、油切れは悪いな。

糧という簡単な一皿がつくのも特徴で、
今回はナスとインゲンと大根の温野菜を盛り合わせたもの。
汁に混ぜてもいいし、さっぱりと良い箸休めにもなるね。

そうね、田舎に帰った際、婆さんが振舞ってくれる手打ちうどんみたいなイメージ?
素朴であったかな印象はあるんだけど、他方で一歩づつ何かが足りないような気もする。

少なくとも他県からのグルメ旅でターゲットになるようなもんでもないような気もするな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました