池袋の「タカセ」でアップルロール

東口駅前の一等地に座するベーカリー。

大正創業の老舗なんだとか。

池袋というと、サンシャイン水族館や映画館あたりの甘酸っぱい思い出しかなくって。
そうか、こういう渋いお店がまだ残っているのはちょっと嬉しいな。

残っているだけでなく、現役バリバリなのが頼もしいところ。
どちらかというと中高年が中心でしたが、お客さんも途切れず入ってきていました。

本店には通りに面したベーカリーの他に、2つの喫茶室とレストランが併設。
この洋食がまた侮れない風なの。グッとくるレトロな感じで、いずれ食べに来ようと誓ったよ。

9階のコーヒーラウンジは眺めが良いみたいなのだけど、喫煙可かな?
違いがよく分からなくって、とりあえず、今回は2階のコーヒサロンで休憩しました。

ケースに合った生菓子はちょい野暮ったくてさ。
お店の焼き菓子から好きなものを2つ選べるテータイムセットにしましたよ。

これがまさかのフルサイズ!
コーヒー一杯では受けきれるはずもなく、うち一個はお持ち帰りとなりました。

お味はそれっぽいノスタルジックなものですが、洋酒香るフルーツケーキが好きだな。

クリームソーダ。

かつてのデパートやショッピングビルにあったようなこの風景。
接客のヲバちゃんがバッサリしているとこも含め、今は貴重かもしれませんね。

そしてパンをお土産にします!
店頭に並ぶパンはどれも安いし、やたら迫力あるんだよ!

ここにしか無いような珍しいパンもあったりで、ホント、めちゃくちゃ楽しくなりました。

特にヤバイのがアップルロール!
いわゆるアップルリングで、かつては不二家、いまでは第一パンだっけか、うちでもたまに買って食べてます。今回は食べ切れねぇやと半分に日和ってしまったのですが、こちらのそれはほんとに大迫力でおいしそうなのよ!

ふっくらとしたパン、アップルやレーズンのアクセント、アイシングの甘み、文句無しでゴージャスでした。

隣のファンタジーっていうデカいパンも謎深ぇ!
ふわっとしたパンにホイップクリームを挟んでレ-ズンや缶詰果物を散らしたもの。いちいち昭和の空想産物なんだよ!

左下の2本は砂糖まぶしの揚げパンを割って、コーヒークリーム&プル-ン、小倉あん&求肥を詰めたハイカロリーの刺客!

北海道のちくわパンもあるし、うさぎはエグい味のいちごクリーム。

他にもっさい生菓子もあるし、タカセはヤバイお店なんだな。
こんな超繁華街で、流行に磨かれないのがかえって、スゲーとこだよ。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大