神保町の「ふじ好」でにく好

靖国通り沿いにできた天ぷら屋さん。

久しぶりの神保町をぶらついていたら「いもや」が・・・・!!!

別の天ぷら屋になっていた!!

なんぞ”天ぷら革命”を看板に掲げ、
肉を素材にした創作の天ぷらがウリらしいということで・・・怪しい!
実に怪しいが、入ってみなくてはならないだろう!

店内は白木カウンターの・・・ううう、懐かしの「いもや」よ・・・
居抜きで、そのまま使っているみたいだね。

スタッフは若いニーチャンたちで、関西系なのかな?たまたまかな?
メニューは定食形式で、普通の天ぷら屋さんよりは手頃だけど、「いもや」よりは高い。

タネの内容も違うのだろうけど、
よほど個性が立ってなければ微妙ってことだね。

まずやってくるのが、ご飯とお味噌汁。

麹っぽい自家製塩辛が食べ放題です!っていうんだけど、
ぶっちゃけ、揚げあがりとの間のかなりタイムラグがあるから、
漬物と冷めていゆく飯を食うしかないという現実があるんだよな。

この値段で2,3品ごと、揚げたてを出してくれるってのはリッチだと思う。
しかし、逆にこの分量ならバッと合盛で出してくれたほうが好ましい気もするんだわ。

左から豚角煮、鶏ささみ、バクダンミンチ。どれも小さめ。

角煮はいったん茹でて、油抜きをしてあるにもかかわらず、後クチはなお重い。

ミンチはいわゆるメンチのイメージなんだけど、
火が十分に通っておらず、ちょっとネッちゃりしているな。
パン粉衣ほどの香りがないので、衣には相性というより、重みしか感じないわ。

天ぷらで肉を揚げたっていいじゃない!といわれると、おお、確かに!と思うよね。
でも、揚げないのはそれなりの理由があるんだなって分かる気がするな。

淡白なササミは違和感なくマッチしてたけど、
これらすべてを塩や大根おろし&天つゆで食べさせるのもどうかと思ったわ。

もうちょっと強くなきゃ、受けきれないような・・・

牛フィレ、チョリソー、かぼちゃになす。

野菜類をかじると、やはり天ぷら屋としてもチープなのかなって思っちゃう。

ソーセージはともかく、牛ヒレってのはは悪くないよ。
肉系の中では一番おいしかったけど、イメージ写真よりはずっと小さいな。
あと特製塩とやらが、まんまクレージーソルトなのもどうかと思うぞ!!!

神保町最強ランチを目指すとのことらしい。
しかし、価格においてもクオリティにおいても、ちょっと難しそうだわ。

むしろ、8時以降は廃墟と化す街の、
一人夕飯スポットとして価値なのかなぁ?

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大

コメント

  1. 川崎市民軍 より:

    初コメいたします。

    ぬし様のサイト、大変に面白く読ませていただいております。
    また参考にもさせていただいております。

    昨日、絶賛の福富町イタリーノへランチをいただきに行って参りました。
    開店待ちで2番手でカウンター席、かぶりつきで^^
    総合力で◎ですね!

    ところで、神保町天丼いもやは消滅してしまったのですか???
    天ぷらいもやもですか???

    かなり深刻なネタです。
    神保町最大の魅力が・・・!

    追跡ネタ上がりましたら、upお願いいたします。

    #ドきついB・C級店舗へのガサ入れ、今後もお願いいたしますね^^

  2. 管理人 より:

    >川崎市民軍さん
    サンキュー!
    白山通りの丼屋とかはまだ営業してますが、
    最近、界隈の支店が続々閉店してるみたいなんだよね・・・
    「いもや」に何かあったのでしょうかね???