蒲田の「清野」で長崎かすていら

本町商店会にある和菓子店。

蒲田郵便局の脇から続く商店街。
車両交通量はそれなりに多い場所みたいだけど、商業地としての密度は低いみたい。

そんな寂れた環境に一軒の面白い和菓子屋さんがあります。

自前でカステラを焼く和菓子店はたまに見かけるけどさ、パン・デ・ローまで焼いちゃうお店はかなり珍しい!それも本場ポルトガル仕込なんだってさ!

ただ、常時店頭にならんでいるわけではなく、購入には焼く予定の日に予約を入れておく必要があるとのこと。予約が苦手な私にはハードルが高く、長らく宿題にしてしまいました。

でも、お店来て、そうそう在庫しておけない事情もよく分かったわ。

当然、予約してないので、普通に買える商品をつまんできました。

いわゆる和菓子、お饅頭なり大福なり最中もありますが、種類は少なく、おそらくどら焼きが主力商品かと思われます。

どら焼きはどちらかというと皮が主役かな。
食感含め、しっかり目に焼き上げており、濃いめの色合いが示す通り、香ばしさがあります。一方であんこはさっぱり甘すぎない仕上がりで、量もそれほど多くはありません。

個人的にはどら焼きよりも、カステラの方が好きだな。

こちらもふんわり軽いというよりは、どっしり食べごたえのある焼きあがりで、風味よく、甘さに関してもデブを十分に満足させる味わいです。行儀悪く手でつかむとベタつくぞ!

駅からも遠く、蒲田土産としての手軽さはありませんが、このカステラはまた買いに行っても良いかも。
いつか、パン・デ・ローも食べてみたいよな。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大