京急蒲田の「和加松」で穴穴穴穴穴子丼

妙安寺の前の三叉路のとこにあるお寿司屋さん。

以前、隣の餃子屋に寄ったときに、気になってたんだよね。

中は狭く、カウンター数席にちょっとした小上がり。

雑然とした生活感が漂いすぎるド下町な寿司店。
やや電波っぽい貼り紙があったりするし、ちょっとビビるよな・・・

大将も一見、おっかなそうなタコハゲオヤジ。

寡黙に・・・ではなく、意外と話好きな風で、
フレンドリーに対応してくれるから安心よ。

江戸前らしく穴子とコハダにこだわったお店らしいので、
名物の穴子丼をいただいた。

ちなみに品名はタイプ違いじゃないから!
大盛りって意味らしいよ!

そうだよな、こんな品名つけるくらいだから、
少なくともユーモアはあるオヤジなんだよな。

飯を覆う穴子に、骨せんべい、とろろまで付いたバラエティ丼!

柔らかく香ばしく煮上げられた穴子はシュッとした肉付き。
その辺を補う意味でのトロロなのかな?

丼の分量なので、やや酢飯の存在感が強いバランス。
でも、煮詰めがたっぷり掛かっていて、おいしくいただけたわ。

おいしいあら汁に、自家製の大ぶりな漬物、
小ホタテの煮付けなんかも出てきて、お値段的には大満足でしょう。

帰りに「暑いから糖分とりな!」ってこんぺいとうを握らせてくれたよ。
ありがとう!でも、心配しないで!この後、しっかりケーキも食うから!

スポンサーリンク
レクタン大

コメント

  1. つちころり より:

    お、こいつはオツですね。
    ちょっとやっつけてみたいです。

    小皿とか味噌汁、漬物なんかからは、
    他の料理も結構しっかりしてそうですね。

  2. 平成島 より:

    我が愛する「和加松」を取り上げて下さいまして、ありがとうございます。

    何がいい、という店ではありません。でも、あの外観、あの看板、あの親父、あの穴子…毎度、蒲田にバスで出る際に、車窓からつい気になって見てしまうあの店舗。

    そして年に数回、不意に京急蒲田駅前バス停で下車しては、「和加松」のカウンターに引き寄せられ、その度に穴穴穴穴穴子丼を条件反射の様に頼んで食ってしまいます。

    正直、穴子だったら美味い店は他にいくつもあるんだけどなぁ?

    あのカウンター席には、きっと魔物が潜んでいるんです。

  3. 管理人 より:

    >つちころりさん
    いわゆる江戸前の粋を握る、こだわり寿司屋って感じではないのですよ。
    下町の大衆的なお店として、ちょっとノスタルジーをそそられる感じ。
    安いし、サービス精神は豊富だと思う。

    >平成島さん
    あの大将に兄さん!これ旨いから喰ってみな!ってな具合で出されると、
    不思議とおいしくいただけますよね。
    お齢でしょうが、まだまだ頑張っていただきたいところです。

  4. もやさまファン より:

    きのう、「モヤサマ」で拝見し、すごく行きたくなりました。
    穴子好きな息子が行きたいと騒いでいます。
    金平糖を握らせてくれるご主人、素敵ですね~。
    春休みに行こうと楽しみにしています。

  5. 管理人 より:

    >もやさまファンさん
    私もたまたまそのシーンだけ見てました!
    穴子そのものよりも下町っぽさが魅力のお店だと思いますよ。