新橋の「新正堂」で切腹最中

マッカーサー道路沿いにある和菓子屋さん。

この辺も再開発でだいぶスッキリしちゃったよな。

大正創業の老舗ってことなんだけど、
新橋リーマンが謝罪訪問に持参するという
”切腹最中”で一躍名を成したお店。

これは元々赤穂浪士にちなんだお菓子で、
浅野氏が切腹した田村右京太夫邸跡に
お店が存在することから作られたみたいだよ。

はみ出る餡こを猛烈アピールしてるんだけど、
他の最中に比べて特に餡こが多いわけでもないんだよね。

やや小ぶりにして、片側に寄せただけ!

でも、ネーミングやマーケティングの成果で、
立派な名物になってるんだからすごいよな。

その他、”景気上昇最中”とか”出世の石段”とか、
狙っている商品がラインナップされてて面白かったよ。

お味はしっかりベッタリ甘い下町スタイル。
食べごたえはドシンときますので誠意は伝わるかと。

スポンサーリンク
レクタン大