高田馬場の「馬場南海」でカツカレー

神田川を渡った先にある洋食屋さん。

「キッチン南海」というと神保町のイメージが強いのですが、
都内にはけっこう支店が展開されているんだな。

ああ、横浜にも1店くらい分けてくんねぇかな!

さて、こちらの開店は比較的新しく、
下井草の支店が移ってきたんだそうだよ。

洋食どころが3軒ならんでしまう、なかなか挑発的な立地です。

さすが、ランチ激戦区だけあって、
お昼休みでも満員にはならず、なんとか滑りこむことが出来たのよ。

お客はほとんど男子・・・むっさい男子。
私も含め、男って洋食キッチン大好きなんだよな!

カウンターの中では熟練コックがビシバシ調理中。
カツを切るときのザクザクがなんとも心地い響きだよね!

定番のカツカレー!

塩分濃い目の味噌汁に山盛りの別皿キャベツ、
大盛りご飯に揚げたてのカツ!

そして黒いカレーでありますよ。

黒カレーを出す店にマズイとこなし!
というのが私の持論であり、こちらのカレーも旨いです。

ややユルめ、どことなくビターでコクがあって、
家庭カレーとは一線を画す大人のルー。

うま過ぎず、地に足の着いた所がイイ。
この塩梅がむしろ身体にピッタリ馴染んできますよね。

サービス目玉焼きはとんでもない状態ですが、
サービスなので全然構いません。

熱感のある一皿で、私、やっぱこの路線が大好き!!

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大