水道橋の「ザッパ」でうずらのナゲット

シェアする

駅前にあるがぶ飲みワインのビストロ。

以前、通りがかって、ブックマークしておいたのよ。

帰って検索してみたら、神保町で良かった「アリゴ」と同系列のお店ということで、さもありなんという感じです。

東京で飲むのも久しぶりだし、行列してたらどうしようと開店早々にスタンバイしましたが、週末の夜にふらり寄って、てんで可能性がないというほどは混み合いませんでしたね。

お料理は「アリゴ」より、やや気さくなおつまみライン。
値段も比較的手頃といえますが、飲み放題コースを注文できる人数で乗り込むとさらにお得であることをぜひ覚えておいてくれ!

突き出しのパンとリエット。

おまかせ五種盛り。
中央のレバーコンフィがコッテリ柔らかく仕上がっていておいしかったな。

一番旨かったのは、アンチョビにんにくで炒めた砂肝キャベツ。
砂肝は固くならず、ブリっとした心地よい歯ごたえです。

うずらのナゲットは手羽先の皮で叩いた身をくるんだ手羽先餃子的なフライだったわ。

ワインをガブ飲ませるためなのか、お料理の塩加減はやや強めかな。

自家製燻製盛り。

飲み物は裏ルートから仕入れたブラインドワインみたいなのを頼んだんだけど、個人的には自家製のリモンチェッロが好みだったわ。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大

シェアする

スポンサーリンク
レクタン大