門前仲町の「いり江」であん豆かん

永代通りの二本裏手にある甘味処。

深川不動にお参りするついでに寄ってみたんだ。

お店は落ち着いた雰囲気。

寄ったのは平日の昼過ぎだったんだけど、
奥様たちで、ほぼ満席だったよ。

隣席は幼子を抱いたご近所のママたちだったんだけど、
「収入がありすぎて、公立の幼稚園には預けられない」みたいな嘆き話を聞くに、
江戸な下町にも、タワーマンション族が着々と侵食していることを知る。

メニューには甘味店の定番が並び、
好みのトッピングで、チューンすることも出来るみたい。

オススメという豆かんを注文した。
でも、デブはそれだけでは寂しいから、あんこも乗せてもらったよ!

ほのかな塩味のえんどう豆は、
食感を残して、やや固めに仕上げてくるとこが多いよね。

でも、ここのは中までソフトに煮上げられているんだよ!
煮過ぎのグズグズではなく、あくまでソフト。

寒天は磯の風味が強く、食感も楽しめるもの。
元々、寒天製造をしていたらしいのだけど、
たしかに他店とはチョイ違う仕上がりでおいしいわ。

ヘラっと盛られた餡こはサラリとした口どけ。
おいしく甘いので、やっぱ追加してよかったわ。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大