門前仲町の「梅花亭」で銅鑼焼き、佛蘭西饅頭、亜墨利加饅頭

門前通りにある和菓子屋さん。

お参り帰りにぶらぶらしてて気になったんだ。

本店は嘉永3年創業の老舗で、茅場町の方にあるらしいよ。
東都のれん会にも名を連ねる由緒正しい江戸のお店だったのか。

深川支店もこじんまりとしているけど、
下町っぽいレトロな佇まいだよね。

店先は一人入ればいっぱいになってしまう狭さ。
高級感とかは無くて、むしろ古の埃っぽさを感じるかな。

声をかけると、奥から優しげなお母さんが出てきて対応してくれた。

最中とか水ようかんとかもあるのだけど、
生菓子や蒸菓子よりも、焼きこんだお菓子が目立つ。

名物らしいものをピックアップして、ちょこっと買っただけなのに、
こっそりおまけまで入れてくれて、なんか嬉しかった。

これが深川の人情か!一力先生!

まずは左手前。
ペリー来航の年に蘭学者の指導の下に創作し、
大ヒットしたという亜墨利加饅頭から。

我々もよく食べる栗饅頭やらの原型とも言われてるらしく、
釜で焼いた和菓子の元祖なんだそうだ!知らなかった!

お味はかなり旨いのよ。

皮が外れやすい欠点はあるんだけど、焼き上げた香ばしさがあり、
しっかり味ながら切れの良い白餡と、上に乗ったクルミのアクセントがベストマッチ。

奥の銅鑼焼きは2代目が考案。
持ち帰りで潰してしまったわけでなく、
皮とあんこを一緒に焼きこんだ一枚タイプなのよ。

これも旨い。
あっさりとしたつぶあんも上手く炊けているけど、主役はむしろ皮。
この甘香ばしい感じ、糖分の染みた歯ざわりといい、好みにドンピシャ!

右手前は六代考案の佛蘭西饅頭。
これも焼きこみタイプ。

中はしっかりなこしあんで、
周囲の薄皮はメレンゲがけされていてサックリ。
甘夏皮の砂糖漬けが風味を加えています。これも良いいわ。

真ん中のももやまは黄身餡を焼き上げたもの
しっとりホロリとしておいしいです。

ネーミングや物珍しさで売るキワモノではなく、
どれもお菓子としてきちんと美味しいのがすごいところ!

きっと、各代の当主は自分もなんか作らなきゃってプレッシャーがデカイだろうな!

京菓子とはまた別の江戸菓子の良さを感じられるお店。
今まで知らなかったのは、すごく損した気分だわ。

オススメ!

カスタムフィールド
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大