門前仲町の「門前茶屋」であさり蒸籠めし

永代通りにある炉端焼きのお店。

名物のお弁当を買ってきてもらいました。

味噌汁をぶっかけただけの貧乏飯を小奇麗に整え、
なんぞ粋な伝統をも創作してしまったアレです。

江戸っぽいパッケージに入っておりますが、
これを指示通りにレンジにかけますると、
中国チープな竹皮が、ほんのり香るどころか
えっらく臭くなってしまって、もう大変なのであります。

中身はあさりのたっぷり乗った炊き込みご飯。
それ以上でもそれ以下でもありませんね。

具や出汁と生米から蒸すのではなく、
別に作った炊き込みご飯をチョイチョイ飾った感じ。

あさりのサイズを保つのが肝ですし、
ご飯もそんなにあさり味がしない仕上がりで、
たっぷり青のりの豪力で磯っぽさを後付けしています。

まぁ見た目のアピールだけだな。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大