上野広小路の「うさぎや cafe」でうさどらフレンチ焼き

あ~か~り、またた~く黒門小の~♪向かいにある和カフェ。

どら焼で有名な「うさぎや」の経営ですよ、梅之助先生。

まさかのカフェ出店に驚きましたが、
ただ家伝のお菓子を守るだけでなく、店頭でソフト売ったりして、
若い世代の意識は変わりつつあるのかもね。

お店も単なる和菓子屋の喫茶室ではなく、
オサレ電灯が垂れ下がる、オサレ今風な空間になっていました。

出店からしばらく経って、もうそろそろ落ち着いてるかと立ち寄ったのですが、
いやいや、まだまだ行列が続いているようですよ。

ここらは小洒落たお茶処がさっぱりなエリアなので、
とりあえず、貴重な存在なのは間違いありません。

なお、うさぎやの餡作りにはなぜかハワイウォーターが欠かせないらしく、
お店にもハワイのテイストを加えているらしいのですが、
そこら辺はなんかちょっと心配でもありますな。

メニューは既製のお菓子にドリンクをやっつけたようなものでなく、
ちょいと手間を加えたような創作スイーツがならびます。

今回はどら焼きのフレンチトーストを注文しちゃいました!
最近ではパンだけでなく、カステラなんかもフレンチするとこがあるもんね。

結論から言うと

余計なことをしてくれるな

ということにつきます。

液に浸したものをほんのチョロっと炙った程度なのですが、
元々柔らか甘いどら皮を、ただフニャフニャにしただけで、
なんも好要素がプラスされてねぇ!香ばしくもなってねぇ。

また、こちらの餡こはそもそもソフトなお味なので、
このジンワリ体に悪そうな油感に打ち勝つことは出来ません。

あと、気取った木のスプーンが食べづれぇよ!

少なくとも、どら焼きに関してはそのままを食べたほうが良さそうです。

お茶は別途注文が必要で、
こだわりの狭山茶という割に、湯温も適当なティーバッグ提供だったり、
やはり、なんかちょっと心配でもあります。

でもね、他にカフェが無いから!
地雷メニューを避けつつ、また寄るとは思うけどね。

なお、隣が食ってたかき氷は二郎のような山盛りで、
今度はアレを食べようかなと思います。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大