難波の「551蓬莱」で豚まん、焼売

大阪府民のソウルフード。

これは物産展で買ってきたお土産セットです。
毎度、大行列ができるけど、お味というか、やっぱソウルゆえだよな。

名物の豚まんは神戸より大きく、横浜よりは小さい、デブのこぶし大。

うちの方の皮はふんわりキメが細かくて、いわゆる饅頭のそれっぽいものが多いのだけど、こちらのそれはだいぶムッチリしていて、蒸しパンに近い食感かな?この辺が魅力であり、サイズ以上の食べごたえにつながっているよ。

一方、餡はややチープで、肉よりつなぎの方がだいぶ多いんじゃねーかという印象です。
豚まんというよりも、タマネギまんという感じ。

大ぶりでいかにもおいしそうな焼売もやっぱ同じで、柔らかいんだけど、かさ増し感があって物足りなさがあるな。
やっぱ具の味がダイレクトに出る焼売よりも、皮のある豚まんの方が好ましいです。

もっとも、北関東にはカタクリ粉だけで、シューマイと称すものを作ってしまう奴らもいるので、これはこれで文化なのかもしれないね。

なお、餃子は月次なので、ここは豚まん一択だね。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大

コメント

  1. ぽん太 より:

    551ですか!  学生時代、死ぬほど食べたなあ・・・  豚まん、ギョーザ、シュウマイとも、中味が一緒のように感じていましたが、どうなんですかね?  なぜか、婦女子はここの豚まんに執着をみせるイメージが強く、大阪へ行くことがあると必ずお土産として買っています。 臭いが強烈なので、新幹線の車内で異臭騒ぎを起こしてしまいますよね。 最近では『豚まんテロ』なる言葉もあるようで(笑)

  2. 管理人 より:

    >ぽん太さん
    551の支持率はちょっと理解できないレベルですよね。近所のPAOPAOでも事足りるような。
    京都と違って、ステキなお菓子のお土産が見つかりませんから、どうしてもこういうのになってしまうのでしょうか?