京急百貨店の「大信州展」で鯉の甘煮など

京急でやってた信州物産展。

お土産で色々買ってきてもらったものです。

まずは「伊久間養鯉場」の鯉の甘煮。
ここは催事中心のお店なのかな?

鯉を超甘辛く煮あげたものは、私の好物の一つ!

骨まで食べられるような柔らか煮じゃなかったんだけど、
鯉の身はふっくらせず、一番の楽しみである内臓もちょい味気ない感じ。まぁまぁ。

「いろは堂」のおやきも定番品だよね。

ほろ苦なあざみやら、みそ味のきのこやら、中身の具は面白くて良いのだけど、
温めなおした皮の部分は、やっぱネッチョリ、油も戻っちゃう感じ。

おやきは、お取り寄せとかも探してるんだけど、
パリサクを味わうには、やっぱ焼きたてを食わなきゃいけないんだな!

みすゞ飴の「飯島商店」のジャムも懐かしいよ。
かつて信州に通ってた頃、よくお土産で買ったもの。
それっぽい素材を使っていて、味もおいしい。

ただ、瓶が馬鹿デカいので!
うちのようなちんまい冷蔵庫だと存在感ありまくりなんだよな。
早くなくそうと、パンにべったり付けて食べちゃう罠。

「長野ハム」のローストビーフは普通にうまかった。
だって、肉だもん!文句でないわ!

その他、「開運堂」の真味糖、「八幡屋磯五郎」の七味。

私は広告見ただけで、行かなかったんだけど、
信州は渋食の宝庫でもあるので、セレクションはもう一歩踏み込んで欲しかったかもね。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大