喜多方の「田原屋菓子店」で田舎まんじゅう

市役所通りにある和菓子屋さん。

まだ世に10円饅頭が普及してなかったころ、
このお店のひと口饅頭の安さに度肝を抜かれた思い出があるの。
おみやげにバカバカ買いました。

当時はもっと古ぼっちい店構えだったような気もするけど、
今ではこんなに立派な店舗を構えています。

セルフサービスのお茶が置いてあり、
お菓子は店内でもいただけます。

特に喫茶メニューはないんだけど
この時期はテイクアウトのかき氷なんかもやっていて、
それを食ってるお客さんも多かったな。

本来はひと口饅頭をご紹介したいところですが、
さすがの私も十円でイートインをお願いする勇気がなかった!

そこでテキトウに2品選びます。

くるみののった田舎まんじゅうは、
蒸し饅頭ではなく、焼いて作ってる感じ。

かっちりなつぶ餡がしっかり甘いです。

ぬた生どらは、いわゆるずんだ餡と生クリームのどら焼き。
こっちではぬたと言うんですね。

皮は軽く、どちらかというと洋菓子的な味わいですが、
やはり、しっかり甘いです。

ちなみにかき氷はちゃんとシュワシュワに削られていて、
値段も安くおいしそうでしたわ。

カスタムフィールド
オススメ: ★
レクタン大
レクタン大

コメント

  1. 鳥海山麓 より:

    すいません。パサパサ何日前の〔10円饅頭会えた!うれしい〕思って急いで帰宅 ガッカリ(-_-;)  あの店どこに …?

  2. 管理人 より:

    >鳥海山麓さん
    ???