喜多方の「まこと食堂」で中華そば、煮込みカツ丼

市役所の裏手にあるラーメン屋さん。

ここは喜多方ラーメンブレイクのきっかけとなったお店なんだってさ。

喜多方のラーメン屋さんは早くから開いているお店もあり、
朝からラーメンを食えるってのがウリになっているんだとか。

私もホテルの朝食を抜・・・軽めにして、
「朝ラー」に挑みますよ!!

ちなみに彼の地はとにかくラーメン屋さんが多くて、
私のような素人はどこに入ったらいいか迷っちゃうけど、
この「朝ラー」やってるお店って硬いような気がするんだわ。

それだけ地場に根付いてるってことと、
朝から店を開けても採算取れる人気があるってことかな?

このお店も喜多方を代表するお店ということで、
まぁ、朝っぱらから活気があるんだよ。

お店は自宅改装型で、土間のテーブル席の他に居間っぽい座敷席もあり、
隣を含め、キャパは多そう。

もちろん、お客さんが入ってるってこともあるんだけど、
お店の人たちがキビキビしてて、元気ってのいいよね。

ただ、日中も含め、行列が見られないってことは、
やっぱり厳しい状況なのかもしれないね。

スープは喜多方らしいあっさり仕上げなんだけど、
ほのかにワイルドな豚っぽさがあり、コクのある仕上がりで食べ応え十分。
単なる郷愁系ではなく、ガッとした印象を残します。

平打ちの縮れ麺は噛みごたえも心地良く、頃合いの茹で加減。
スープの油をまとってスルスルと喉を通っていくよ。

バラとモモのチャーシューやメンマも味があっておいしいね。

いや~、こりゃとっても旨いわ!

それほど混んでなかったこともあり、丁寧な仕上げだったのだろうか。
今回食べた中では一番好きかもしれん!!

食べ歩きの一軒目にして、すげーテンションが上がったぜ!!!

前回、来たときに激しく気になったメニューがあった。

それはカツ丼・・・

喜多方もまたカツ丼文化が根強い土地らしく、
ラーメン屋さんのメニューにも場違いなカツ丼の文字が踊っている事が多い。

でもさ、デブも寄る年波には勝てず・・・
ラーメン食って、カツ丼まで食える胃ではなくなっているのだよ。

そんなこんなでせっかく喜多方に来ても、
ラーメンしか食えないんだなぁ。

でも、このお店のカツ丼は一風変わっているらしく、
やはり一度は食べてみたいということで翌日に再訪した次第。

煮込みカツ丼です。

これがまた・・・激甘!!!
こんな調味のカツ丼初めて食ったわ!

砂糖がなかった時代、甘味は最高の・・うんぬんとか、
言い出しそうな感じなんですけど、これが喜多方スタイルなのか?手違いか?

しかも風味付けにソースが掛かってるんだから、変わってるよね。

カツは程よい厚みで、肉や脂はおいしい。
しっかり煮こまれていて衣はヘナヘナ。

固めに炊かれたお米は丼として丁度よい。

まぁ、食えるんだけど、ソースかつ丼のほうがよいかな?

それよりも良かったのは大茶碗でやってきたスープ!

ラーメンの場合、麺を食わせる関係で、
どうしても塩分が強くなってしまうよね。

これは同じダシをベースにしながら、
飲んで丁度よいバランスに仕上げてあるため、
スープとしてよりおいしく、ある意味ラーメン以上の満足感があったのよ。
なるほど、ちゃんとしたダシを取ってる店なんだなぁというのがよく分かる。

かつ丼はやや小さめなので、
ことによったらダブル食いもイケルかもね。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大