京都・千本今出川の「大正製パン所」でカレーパン、クリームパン

千本今出川の交差点に程近いパン屋さん。

店構えも商品も、町かどの昭和パン屋さんのもの。
昭和って言っちゃったけど、歴史はさらに古く大正時代まで遡るようです。

気さくで、ほんのり垢抜けないような
下町的なアイデアに富んだ創作パンでも有名みたいですね。

思い出してみれば、以前にも寄った気がするのですが、
やはりサイト開設以前、記録もなんにもしてない時の印象はまるで残ってないもんですな。

さて、名物のカレーパンをいただきます。

パン粉は全面ではなく上部に振られた程度。
一度焼き上げたものを、さっと揚げて作ってるみたいですね。

カレーは辛いということでしたが、そうでもないかな。
お味も含め、比較的ノーマルな仕上がりかなと思います。

この日はお皿になかったのですが、
かつカレーパンてのをガッツりリべてみたかったなぁ!!

もう一点、やはり人気が高いという昔懐かしのクリームパン。

ツルッとした表面が綺麗に仕上がっています。

クリームがやけに白っぽいのが分かるでしょうか?

黄身っぽいヌットリ濃厚タイプではなく、だいぶんサラリとした仕上がりですね。
レモンとかを混ぜたくなるような感じ。

どちらかといえばこちらのパンの方が特徴的かもしれません。

観光客が遠路目指すいうよりは、
近隣地元民用のお店なのかなぁと思います。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大