京都・寺町二条の「一保堂 嘉木」で芳泉、麟鳳

寺町通にあるお茶屋さん。

京都に来ると、なんだかんだで必ず寄っちゃうお店ですね。

食べ歩きのサイトなので、
本来なら他店も開拓していかなきゃいけないのですが、
こと喫茶においては、ここより良いお店には出会えないんじゃなかろうか?
そんな風に思っちゃう鉄板店であります。

一応、東京にも支店があるのですが、
ファンの私すら躊躇しちゃうラグジュアリーな値付けでさ・・・

文化事業的にやっている本店喫茶室に、
つい甘えてしまうわけですよ。

今日のお菓子は「京華堂」のもの。

どれが出てくるかはおまかせなんですが、
京都のいろんな名店のお菓子がいただけるのも魅力。

ちなみに隣席は6人ほどのグループだったのですが、
お菓子の種類は全くかぶってませんでしたよ。

煎茶の定番、芳泉と玉露の麟鳳をいただきました。
天下一とか・・・いつか頼める男になりたいです。

お茶碗がたくさん出てきましたね。
一つ移すごとに10度ずつ下がっていく計算なんだそうですよ。

お茶は・・・やっぱし、美味しいです。

同じ茶葉を買って帰って、
うちの台所で淹れても、同じ味は出ないっす。

やっぱね、なんでもズボラにやっつけちゃダメなんだなと。
それなりにかしこまって、気を使って調理しなきゃと反省する次第。

本店限定土産として、ニュンコマークのデカ缶をゲット。
中には麦茶と、くき煎茶のティーバックが入ってます。

夏仕様ってことなんでしょうが、
くき煎茶の方は水出ししにくくていまいちでした。

しかし、このサイズの缶は・・・どう使えば・・・

カスタムフィールド
オススメ: ★★★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大