京都・鞍馬口の「水田玉雲堂」で唐板

上御霊神社の門前にある老舗菓子店。

デパートで何度か買ったことがあるのだけど、
一度、本店にも寄ってみたかったんだ。

地味。

実に地味な店構え。

怨霊渦巻いてそうな上御霊神社自体が、
観光コースに乗ることの少ないスポットなんだろうけど、
表通りから外れたこの辺りには人通りもまばら。

仮に前を通りがかったとして、何人が気に留めるだろうか・・・

お店は中も簡素な作りでさ、
奥さんが丁寧に対応してくれたよ。

冒頭に老舗って書いたけど、
遣唐使由来の菓子を作り続けて530年以上ってんだから、
そこらの老舗とは桁が違う長老舗なわけよ。

しかも、商品はただ一品のみ。

もう、すごいとしか言いようが無いわけさ!

唐板は、薄く焼いたおせんべい。

煎餅といっても塩っぱいあれじゃなく、
小麦と砂糖と卵で作った上品に甘い焼菓子です。

巷の瓦せんべいは卵やミルクや蜂蜜なんかで、
わかりやすくリッチな方向へ発展しているわけだけど、ここのは素朴で地味。

でも、その地味な中にじんわりとしたおいしさがあって、
なるほど500年生き残る味はこういうものかと知らされるんだ。

おいしいし、パリパリと小気味よく食べられて、なかなか止まらねぇ!

一つ一つ手焼きで、紋様も様々なのが面白いよね。

なお、魔除けの効能もあるというので、
土産話のネタには事欠かないだろう。

日持ちもするし、良いと思うな。

これは袋入りなんだけど、薄くて割れやすいから、
遠方に持ち帰るなら箱入りを選ぶのが賢明だよ。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大