京都・上七軒の「老松」で香果餅

上七軒にある北野天満宮御用達のお菓子屋さん。

デパートとかへの展開もしてて、
知名度もあり、どちらかというと大店に属しているよね。

北野店てあるけど、ここが本店なんだよな。

なにせ有職菓子御調進所ですから!
肩書きのハッタリは効いてるよね。

でも、創業は明治で、悠久の歴史を刻む京都菓子界ではまだまだ新しい方。

趣あるお店では、若い店員が初々しく接客してる。
隅っこの数席でイートインも出来るみたいよ?

市の日は店頭で天満宮発祥のお団子を焼いたりしてるらしいけど、
仕込みが少なかったようでこの日は早々と売り切れ、残念!

今回、買ってみたかったのは香果餅。

中華の月餅をルーツにアジアンテイストを加味したものらしいんだ。
ドライフルーツ粒入りの白あんをあんこで包み、
さらにクランブル皮をまぶした重層構造。

香りにもほんのり南洋を感じるような
和洋中の入り混じったようなお菓子だな。

老松にはひと通りのお菓子が揃ってるけど、
こんな風にフルーツを使った系がちょっと面白いと思う。
個人的には御所車より好きだ。

ただ、皮がポロポロ崩れて食べづらいけどな!

日持ちもするし、お土産には向いてる。
ただ、その分、手作り感に欠けちゃうとこはあるかもね。

カスタムフィールド
オススメ: ★
レクタン大
レクタン大