京都・阿弥陀寺前の「大黒屋鎌餅本舗」で御鎌餅

阿弥陀寺の門前にあるお菓子屋さん。

まぁ阿弥陀寺って言われてもオレらにゃ分からないよな!

出町の枡形商店街をぱぱぱぱっと抜け、
ガチで寺ばっかな寺町通を上がっていくわけよ。

名の知れたお店なので、すぐに見つかるだろうと・・・
小一時間迷ったわ!うろ覚えの方向感覚や、ざっぱな観光地図は全く役に立たねぇわ!

まさか、こんな路地に引っ込んだとこにあったとは。

周囲もひっそりしていて、こりゃ観光客がふらりと買いに来るなんて、
めったに無いようなロケーションかも。

お店はかなり渋い構えで、
声をかけると高齢の婆さんが出てきて対応してくれた。 

お菓子の種類は少なくて、
看板の鎌餅の他、でっち羊羹と懐中しること最中くらい?

お値段は手頃だったよ。

ホテルに帰っていただきま~す。

この長細い形が特徴的で、鎌に似てるってことなんだろうね。

お餅はほんのりお砂糖が入ってるのかな?
甘みがあって、優しく柔らかい歯ざわり。
こしあんには黒糖が入ってるみたいでコクがあります。

最中は注文後に詰めてくれたよ。
こっちはつぶあんで、よりしっかりとした食べ口です。

雅な背景とは違う、もうちょっと土っぽいお菓子なんだろうね。
お店と同様、なんかちょっと枯れたような味わいです。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大