京都・枡形商店街の「おた福屋」で豆餅、おはぎ

商店街にあるお餅菓子屋さん。

至近にあんな強力な競合店があって、
どうやって生き残ってるのか、すごく気になってたんだ。

京アニのとある作品の舞台となっている商店街であります。

主人公は餅屋の娘であるからには、
私も餅屋でなんか買わなければならないよね!

ヲバチャンがユルく店番中。
店頭のお菓子ケースの中には普段着のお菓子が並んでいますね。

値段も件のお店の半分くらいかな?
その上、日替わりサービス品とかもあってお得じゃん。

ここなら長い行列もできないし、
ちょっとしたお茶菓子を気軽に買えるのがいいのでしょうね。

豆餅は甘さも控えめで、数いけちゃう系。

某店は皮も厚めで、餅を食わせる気満々ですが、
こっちは比較的薄めで、あんこもさっぱりしています。

おはぎは自家製きなこの香りがいい。
やはり甘すぎず、ペロリといただけちゃいます。

いやいや、十分うまいですよ。

ハレの菓子でなく、日常使いの素朴で優しいお菓子です。
お客さんもちゃんと使い分けできてるのかもね。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大