京都・二条城前の「格子家」でどろぼう

二条城の脇にある”昔なつ菓子”屋さん。

こちらもおみやげ本で知ったお店なんだよ。

京都というと風雅な上用菓子を想像してしまいがちいだけど、
こういう駄菓子の文化もあるんだね。

古い町家を使ったお店は懐かしの民芸調。

店内にはとりどりの駄菓子が並んでいて、
それらはみんな、奥で手作りされたものなんだって。

懐かしいお菓子というけど、
私世代にはむしろ新鮮に感じるもんもあり、
ホントは一つ一つ味わってみたいくらいだわ。

奥からアニキが試食を持ってきてくれたのが、
こちらのお店の名物になっているという、どろぼう。

どろぼうしてでも食べたいお菓子ってネーミングなんだそうだ。

揚げたおこしに黒糖を厚く染み込ませたもので、ニッチリとした噛みごたえ。
風味も甘みもパンチがあって、豪快なお味。

もっとピースがデカイ ”大どろぼう”なんて商品もあって面白かった。

小ぶりにまとまった詰め合わせも都合いい。
ラムネなんかもパンチのあるお味。

日持ちもするのでお土産向きなんだけど、
帰って食べてみたら、おこし系はほのかに風味が良くなかったのが残念。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大