京都・宇治の「宇治駿河屋」で茶だんご

平等院の参道にある抹茶菓子屋さん。

検索したら、京阪駅前の同名店とは別経営で、こっちのほうが本家筋なんだそうだ。

近頃は様々な抹茶スイーツが花盛りだけど、
宇治土産と言えば、茶だんごという時代があったわけです。

今でも多くのお店が販売してますよね。

でも、個人的にはあまり買ったことがないんだよ。
日持ちしないしさ、なんだかチマチマしてるじゃん!!

したがって、どこが一番うまいのかも知りません。

こちらのお店は参道に入ってすぐ、
それらしい構えの老舗であります。

食べ歩き用で1本から売ってるんだね!
米粉、砂糖、抹茶のみのシンプルで真面目な作り。

むっちりな食感、ほんのりお茶の風味。
地味なお菓子だけど、その地味さを壊さない調度良い甘み。

やっぱ京都のお菓子はこういう塩梅が絶妙だよね。

しかし、なんでこのサイズに丸めるのか、
小一時間検索したけど答えが見つからねぇ・・・ 

雅だからなの?

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大