京都・七条の 「味不二庵」で三富士せんべい&あん

三十三間堂の裏手にあるお店。

ここら編になると観光客の足も鈍り、
風景も下町のそれになっていくよね。

本業はアンコの卸らしいのだけど、
小売の要望に答えて店舗を構えたらしい。

商品は缶詰された最中の皮と2種類のあんこ。

いわゆる、自分で作る最中セットなんだよね。

あんこは好みの量と組み合わせを選べるんだけど
つぶあんは丹波、こしあんは北海道産つーことで、つぶあんにしたんだ。

暑そうにしてたからかお姉さんが冷茶の接待をしてくれて、
えーーー、最中の試食もいいのですか???

あんこ詰めたてで、ごま入りの皮はバリンと香ばしい!

やっぱ、最中は作りたてが最上だ。
これをご家庭で再現できるんだから嬉しいよ。

この缶、身近などこかでよく見かけるような・・・
どなたかのおみやげで何度か食ったことあるような・・・

一概には言えませんが、京都のあんこって、意外としっかり甘いのに対して、
こちらのは比較的あっさりすっきりと炊かれ、いくらでもいける系。

どう考えても、あんのほうが足りない・・・と悩んでいたところ、
「お前は欲張りすぎなんだ。だから、太・・・」等とたしなめられました。

ちょうど上下の皮がぴったりくっつくくらいが適量で、
サクサクとおせんべいのように楽しむのが良いようです。

もちろん、ベットシ盛りつけてもアリでしょう!
私が買ってきたんだから文句は言わせないよ!

カスタムフィールド
参考URL: 
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大