京都・七条の「七條甘春堂」で京の四季

七条通にあるお菓子屋さん。

ちょっと先には本店&茶房もあり、
和菓子作り体験もできるので、
ガイドブックなんかではおなじみのお店だよね。

おそらく、親族のゴタゴタなんだろうと思うけど、
”七條”のつかない「甘春堂」もすぐ近くにあって、
同じようなもんを売ってるので、まぁどっちでもいいよ。

名物は・・・抹茶碗型に固めた干菓子。
お茶をいただいた後、椀も食べちゃえ!っつーカバヤもビックリの代物でさ。

ええ、学生のころにまんまと買ってしまったことがありますよ。

こういうのを幕末に売りだした面白さはあるんだけど、
一服分には明らかに菓子が余るんだよ!

おーーと思うのもはじめだけで、
その後、抹茶に濡れた砂糖を何日かかじることになって、
じわじわテンションを下げてしまうのさ。

その他、これといって・・・

夏の干菓子ですね。
ちょっとしたお土産にするのに手頃な商品です。

もちろん横浜で売るなら問題ないクオリティですが、
ここは京都なので、微妙なヌルさが問われてしまうのです。

パッケージも紙箱にしとけばいいのに、
ポリなんで、クシュクシュと安い手触り。

柑橘の黄玉など、お味もやや雑味があるんですよね。

周辺は観光スポットの割にお店が少ないので、
お土産の選択肢も限られてしまうのですが、
焦らず選んだ方が賢明です。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大