京都・千本今出川の「越後屋多齢堂」でカステイラ

交差点のすぐ近くにあるカステラ屋さん。

散歩の途中、たまたま目についたお店なんだけど、
京都で唯一のカステラ専門店なんだそうだ。

綺麗にしたばかりらしく、外観はソリッドな印象なんだけど、
ご家族総出で営業しているのか、なんとなく作り手のぬくもりを感じさせるお店。

注文の後、棚に置かれた大きな塊から切り分けてくれるのよ。
それがまぁ、なんともステキにおいしそうなんだよね。!!

あの大きなカステラと一緒に駆け落ちしたいわ!!

大して買ってない私にも、帰りに切落しの小箱をつけてくれたの。
これが結構食べでもあって嬉しいサービスだったな。

「加壽天以良」

カステイラと読むのだろう。
おめでたいんだか、ヤンキーなのかよくわからない当て字だよね!

断面はきれいな濃レモン色!
風味が良く、比較的軽い口溶けで、さっぱりとした甘味。

おいしいカステラだね。

鶏卵糖も京松葉もカステラと同じ材料を使っている焼き菓子。
形だけでなく材料の配分が違うんだそうだ。

ボタン型の鶏卵糖はいわゆるボーロって奴だよね。
カリガリッとした食感で、卵を多く含み、やや焼き色のばらつきがある。

細長松葉はボキッとしたしっかり焼き。
香ばしい風味が楽しめ、私はこっちのほうが好きかも。

カステラを含めて、お店に列ぶのはこの3商品のみという潔さよ。

めちゃくちゃなインパクトがあるわけではないんだけど、
丁寧で素朴で、日々食べ飽きない感じの良質なお菓子だね。

ただ、ここのカステラはお土産には向かないかも。
風味も落ちるし、無添加でパックもされていないため、
ナマ物扱いでもち帰って、美味しいうちに食べきるのがベストよ。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大