京都・烏丸の「亀廣永」でしたたり

高倉通にあるお菓子屋さん。

構えはそれなりだけど、
包材の積まれた店内は実にそっけない作り。

家族経営の住居兼作業場に、
売り場がちょこっとくっついてるようなイメージよ。

声をかけたら、優しげな爺さんが出てきて対応してくれた。

名物の棹菓子、したたりは京都土産の鉄板品ですから!

黒蜜を寒天で固めた、
ただそれだけのお菓子なのに!!

なんでこんなに美味しいんだか!!

上品に香り立つ黒糖の風味。
きつすぎず弱すぎず、絶妙なバランスの甘み。

みずみずしく、プルンと柔らかで、
口に入れるとホロホロ、スゥ~っと溶けていくような寒天の具合。

まさに稀有な技術の集大成って感じ!
私は大好きなの!

それなりに日持ちもするし、
値段も手頃なんだから文句のつけようがないわ。

たしか高島屋の京名品コーナーでも見かけたけど、
お店は錦市場にも近いので、直接買いに寄るのがいいだろう!

カスタムフィールド
オススメ: ★★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大