京都・烏丸御池の「亀末廣」で京のよすが

新風館の横にあるお菓子屋さん。

むしろ「亀末廣」の脇に新風館があるっていう表現が正しい。

大通りの一本裏なんだけど、
見るからに歴史を刻んだ立派なお店よ。

まず、看板がヤバい。
縁がたくさんのお菓子の木型でできてて、
老舗ドーンな存在感を醸しているよね。

中も昔の商家がそのまま保存された感じ。
古の空気も数%残ってるんじゃないかっていう薄暗い店内で、
小市民は神妙に、幾分もじもじしながら注文するよ。

でも、意外と普段着なヲバちゃんが対応してくれるんだよね。

なんといってもこれ!

京都でお土産を一つしか買えないとしたら、私はこれを選ぶね!

お土産は開けたときのわぁ~!ってときめきが重要。

京都の四季を表現したとりどりのお菓子が、
四畳半型構造の木箱に詰まっているこの商品はまさにうってつけ!

皆で分けやすく、バラエティに富んだお菓子。
季節ごとに構成が変わるので、来るたびに楽しみがあるんだよね。

お味も実に美味しいの!
小さな一粒をつまむだけでも、十分な満足感を与えてくれるのだからすごい!

半生が混じってるので、早く食べたほうがいいのは変わらないのだが、
見た目、お味にお値段、全てにおいて高い点数をつけられる京都土産の女王だね。

デパートでは売ってないはずなので、
ぜひお店まで買いに寄ってくれ!

太鼓判よ!

カスタムフィールド
オススメ: ★★★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大