京都・二条の「二條若狭屋」で京の色

二条通りにある老舗菓子屋さん。

芋っぽいものとか、栗っぽいものとか、
どちらかというともっさいお菓子で有名なとこ。

それらもお味は良いのだけど、
いまいち雅な感じがしないんだよな。

今回は季節の干菓子箱をおすすめします。

これは一番小さな箱ね。

数を買ってもあまり懐が痛まないお値段なんだけど、
誰かにあげても貧素な感じはしないでしょ。

まず、開けたときの鮮やかさが楽しめるじゃん!
京都の干菓子といっても、渋い色合いが多いからね。
分かりやすく、はったりをきかせられるのも大事。

もちろん和三盆はすっとした口溶けだし、
散らされたこんぺいとうも良い香りでおいしい。

造形に今少し繊細さがあれば完璧なんだけど、
京都土産としてのクオリティは十分だと思います。

私は高島屋で買ったのですが、デパートや駅でも購入可能なので、おぼえておいて!

カスタムフィールド
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大