京都・烏丸の「ぎぼし」で揚昆布、吹き寄せ

柳馬場通にある昆布屋さん。

こちらも京都に来たら絶対寄りたいお店の一つ。

明治初年創業の堂々たる昆布専門店。

静寂に包まれた店内は、
貧乏人が決してくつろげない緊張感も漂っていますが、
多少勝手もつかめたので、キョドらずに購入完了です!

吹き寄せ、もうサイコー!!!

店頭販売のみの簡易袋入りは、
湿気っちゃうってことなのかな?
缶よりだいぶ短い日持ちなんですよ。

しかし開けたら最後、ユー、キャント、ストップ、イット!
瞬殺で食べつくすと思うので、全く心配ありません!

でも、足りません!

さらに缶も何個か積んでおけば、
しばらくは至福のおやつタイムが、楽しめるもんねって思ったんだけど、
やっぱ缶入でも時間が経つと雑な匂いを吸ってしまって、味が落ちることが判明。

瞬殺で正解だよ!

ぎぼし昆布という酢昆布は、
他で買うよりもかなり厚い昆布を使っていて、
お酢もほんのりと薄く、昆布自体の旨みをしゃぶる感じ。

黒豆えびせんは、ただでさえ香ばしいエビに、
黒豆の香ばしさまで加わって、罪作りっす。

塩昆布は京の華という塩吹き昆布と
山椒と醤油で炊いた特製の2種類を買ってみました。
個人的に前者の方が好きかな。

これらはおいしいんだけど、やっぱ塩分が爆裂している分、
昆布自体の旨みは目立たない気もします。

そして最後に、恐怖のやみつきフードである、揚昆布。
昔から精進料理には欠かせないものって書いてありますよ。

吹き寄せの中の、ほいろ昆布もメチャ旨なのですが、
こちらの昆布チップスも香ばしく旨みの塊みたいな一品。
自制しないと際限なく食べ続けてしまいそうで怖いです。

油が戻ってくるので、やっぱ日持ちはせず、
店頭販売のみなので、ぜひ、お土産にするといいよ!

次は倍量買わねばな!

カスタムフィールド
オススメ: ★★★★
レクタン大
レクタン大