京都・北白川の「東龍」でから揚定食

銀閣寺の白川通りを北上したとこにあるラーメン屋さん。

すごく行きたかったお店にフラれたショックから、
代わりのラーメンを食べなくてはならないんじゃないか病にかかってしまったの。

こちらも比較的新しいお店なんだけど、
近年、人気の一翼を担っているお店なんだとか。

「天下一品」的なトローリ濃厚タイプのスープも食べたくなって、
銀閣寺からテクテク歩いてやってきたのさ。

お店はどこぞのラーメンコンプレックスに入りそうな、小奇麗な作り。
中で2つに仕切られていて、台湾風ラーメンとのダブルブランドを展開してるみたいで面白いよ。

ここは繁華街というよう立地ではないんだけど、
開店からお客さんが途切れないようだね。

ラーメンは私が頼んだ東龍そばの他、
あっさり醤油味のものも用意されていたな。

黄土色というか黄色いスープが特徴的だよね。
鶏ガラと野菜なんかをガンガンに煮詰めているのだろうか?

ただ、想像していたよりも、ずっとあっさりした仕上がりなの。
天一をライトに薄めたようなイメージ。あれはあれで京都でも独特の存在なのか。

縮れた麺もやや水分をまとっているので、
一味の存在が効いていても、やや締りがない印象。

具は炒めた白菜が珍しい。
ペラ切りの豚は甘い風味でおいしいね。

京都の若者はラーメンとともに唐揚げを喰うということであこがれの定食。

鶏は胸肉を使っているのかな。
ピリっとしたスパイスで、どこぞの居酒屋で出てきそうな感じよ。

ご飯は美味しく炊けていたな。

とりあえず、テーブルの上に置いてあるニラキムチが一番旨くて、
これとご飯だけでも十分幸せ。もちろんラーメンに入れてもいい感じ。

もう少しガッとしたものが食べたかったので、物足りないけど、
食後モタれるような感じも無いので、日々食べるのにはちょうどいい加減なのかも。

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大