長野・駒ヶ根の「マルスウイスキー信州工場」で南信州ビール飲み比べセット

駒ヶ根高原にあるウィスキーとワインとビールの醸造所。

本体の本坊酒造は鹿児島の焼酎屋さんなのか。

ここも気軽に工場見学を受け入れてくれる場所。

高原の観光街からも近いんだけど、車がないと微妙な距離なので、
お客さんはパラパラやってくる程度かな。

見学は各ポイントの音声ガイドを聞きながら自由に見て回れるシステム。
ニッカとかサントリーと比べると、規模も状態もしょぼいけど、
ウィスキーづくりのひと通りの流れは分かるんじゃなかろうか。

同時に地ビール工場も見られるって書いてあったけど、
そっちは売店だけだったような・・・

お楽しみの試飲に関しては、
ボトルキャップくらいのちんまいプラを渡され、舐める程度って感じ。

それも梅酒とか?
種類はほとんど無くて、全く楽しめないな。

ちなみに我々の後に団体さんが来てんだけど、
積極的に酒を注いで接待したり、対応がずいぶん違う印象だったわ。

売店の脇にビアホール的な場所があって、そこで有料試飲も可能。

つーか、店員も含めて誰も詰めていないんだけどな・・・

売店から姐さんを呼んできて、地ビールの味見することに。

ホントはお土産で買っていくつもりだったんだけど、
冷蔵じゃなきゃまずいみたいなので断念したんだわ。

定番3種と季節の1種。
それぞれ50mlずつだったかな?
ちょぼいと思ったんだけど、下戸にはけっこうなボリューム。

みんな買って帰りたい!っつ-感じでもなく、
オーソドックスなゴールデン・エールが一番好きかな。

ちなみにウィスキーはすっきりしていてスイスイ飲みやすい感じだった。

値段もかなり安かったし、お味も悪くなく、
お買い得な一品ではあったと思うのだけど、
なんか、スタッフの感じがいまいちだったので、そっちも購入はしなかった。

つーか、毎度買っても、棚にしまうだけでちっとも飲まねぇしな!

カスタムフィールド
オススメ: ★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大