那覇・壺屋の「金壷食堂」で精進バイキング

やむちん通りの入口脇にある台湾素食のお店。

噂を聞いて、朝食に寄ってみたよ。

路地裏にあるお店は薄暗く、みっちり使い込まれていて、独特のオーラを放ってるわ。
私もそうだけどさ、ここに入っていける観光客の突破力はものすごいな!

この日は朝の早い時間におじゃま。
他のお客もおらず、厨房ではオッサンがユルく仕込みをしてる最中だったわ。
向こうの方みたいで、奥に潜む婆さんと何やら中国のやりとりをしてたよ。

朝食に限らず、基本的にバイキング形式のお店みたい。

カウンターの上には使いこんだ銀色のバットに入った精進お惣菜が並び、
なんともそれっぽい風情なので、冒険者としては心がときめくよ。

はじめに春巻きと卵、精進揚げの乗ったトレーを渡され、
それ以外は自由によそってねってシステム。

値段は横浜中華街の奴らにつきつけてやりたいほど安い!

全種類、少しづつ取ってみたんだけど、
お料理はこの後もっと増えるかもしんないわ。

精進料理のお店ということで、肉類は不使用。
湯葉などでそれっぽく作ってあるものが食べられて珍しいよね。

保温器はないので、お料理は冷めちゃってるのが玉に傷だけど、
お味は素朴で優しく染みてくる感じ。

特に干し筍の煮たのや野菜スープなんかがおいしいなぁ~

香料なのか乾物の風味なのか?
昔の中華街の路地を歩いたときの匂いがして、どことなくノスタルジックなのよ。

お父さんにもっとお替わりしてね~って言われたんだけど、
この後に死の食べ歩きロードが待っているので、心惹かれつつも程々にしておいた。

他の写真を見る限り、お料理は気まぐれ日替わりみたいなので、
通っても楽しめるんじゃないかな?

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大