大阪・新梅田食道街の「たこ梅 分店」でさえずり、コロ

大阪のBグル九龍城である新梅田食道街にあるおでん屋さん。

関東煮の老舗として有名だよね。
Can☆さん、サンキュー!

本当は日本橋の本店に寄りたかったんだけど、
地獄の甲子園観戦でそんな元気も残っておらず、
梅田界隈の3支店のどっかに滑り込めらばいいやってことで。

一番近い分店を覗いてみたら、
おでん鍋をぐるりと囲むカウンターに、空席発見!

お店はそんなに広くないんだけど、
酒場の人熱れが、内装にじっとり染み付いたような渋い風景よ。

店主の丸々としたおっちゃんもいかにもな大阪風情です。

メニューはおでんを中心に季節につまみも充実していて、
価格もそれほど気取っていないので、比較的利用しやすいんじゃないかな。

観光店というより、地場のおっさん客が多そうな感じ。

まずはなんといっても鯨もの!
さえずりとコロをいただきました。

ちょっと高いんだけどね、旅先じゃなきゃ頼まないけどね!
しょぼい見た目に反して、さすがに旨いものですよ。

特にトロンととろける舌は最高!

また、奥に写っているひろうすが、
出汁をタプンタプンに吸ってて旨いです。

お通しは昆布の山椒煮。

つづいて、すじネギの袋。
これも鯨の筋を甘辛に煮たものが入ってます。

注文後に煮始めて、ネギが青々した状態。
ただ、中身がこぼれやすく、やや食べづらくもありますね。

季節の白菜は豚バラと合わせてあります。
地味ですが、なかなか好相性。

おでんはおいしいのですが、思ったよりも大衆的です。

精緻に煮あげたものを、鍋の中で綺麗に温めておくような東京のお店と違って、
濁った汁がグラグラ煮立って、そのまま調理鍋のような使い方をしているようですね。

名物のたこの甘露煮。

確かにたこらしからぬ、サックリ柔らかな煮上がり。
ただ、噛みしめた時のじゅわっとにじむ旨さは抜けています。

代わりに甘露煮のお味がキッチリ付いた感じ。

冬瓜と子持ちイカ。

オススメや季節モノも楽しいのですが、
おでん種の鉄板品や煮締まりものがやっぱし旨いですね。

・・・ワカメを忘れた!

一品つまみを絡めるともっと面白くなったかも。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
スポンサーリンク
レクタン大
スポンサーリンク
レクタン大